スポンサーサイト

  • -------- --:--    スポンサー広告
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ①告知まで

  • 2016-11-30 11:33    蘭の病気
  • 本当は蘭の病気のこと隠すつもりだったけど、
    外見で分かってしまう病気だから、今後蘭の画像を出しづらくなるだろうし。そうなると逆に変だと思ったし、そもそもこのブログは蘭のことを記録するためのものだし。
    蘭のお友達にもこの病気に気を付けてもらいたいなぁとも思った。

    普段、体の隅々まで見ることがないので、月一のトリミングで色々指摘してもらうことがあるけど、今回もトリマーさんが見つけてくれたものだった。
    トイプーは定期的にトリミングする分、トリマーさんに異変を見つけてもらいやすい利点があるなと感じた。

    トリマーさんに指摘してもらった翌日、
    11/8、病院に行った。
    今はたっぷり時間のある私、行動力があるのよね。
    去年までの忙しい時の私なら確実に手遅れにしてしまっていたと思う。
    見た目から"虫刺され?吹き出物?"な感じで、すぐには病院に連れて行かなかったと思う。

    診察してもらうと、
    左後ろ脚のしこりを見て「この間(10日ほど前)歯石取りしたとき気付いてたら一緒に取ったのに…気付かずにゴメンね。右肩は何だろう・・・う~ん。」そんな感じで左脚はさほど深刻さはなく、右肩(脚の付け根)は原因が分からないし、とりあえず2か所とも検査しようという事になった。右肩は針の刺しづらいところなので採取できるかどうか結果が出るかどうか分からないとのことで、この時は左脚より右肩のほうが気になっていたくらいだった。

    11/18、先生から検査結果を電話で知らされた。

    左脚のしこりは良くないものだった、右肩はやはり特定できなかった。
    左脚のしこりは切除しないといけないけれど、相談があるので病院に来て欲しい・・・と。
    翌日オットと病院を訪れた。

    先生から、
    左脚は肥満細胞腫という皮膚ガンで、悪性の腫瘍でもやっかいなものだということ、
    右肩は何なのかが特定できないし、肥満細胞腫は設備が整っているほうが治療の選択肢が広がるから大学病院で診てもらったほうがいいとのことだった。
    早速、予約を取ってもらい紹介状をいただいて大学病院へ行くことにした。


    ・・・診察室を出たら、涙がしばらく止まらなかった。  
    関連記事

    Comment

    Comment Form

    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。