大晦日

  • 2016-12-31 23:14    ど~でもいいこと
  • 2016年は自分的にとても気分の悪い年始を迎えてしまった。
    でも、そのおかげで大切な人をはっきり分別できた。
    私の事を想って心配してくれた人たちに何かしらお返ししながら過ごした。
    時間のゆとりは大切だね。
    それにしても本当にあっという間の1年だった。
    世の中も2016年は色々あったけど、
    我が家も色々ありました。
    もしかしたら、蘭の病気はこれからなのかもしれない。
    とりあえず蘭が元気に新年を迎えらるようになって良かった♪
    4ワンが幸せに過ごせるように頑張るよ!!

    20161231_003.jpg

    ↑テーブルの上に行儀悪い!ってところだけど、ここだと勢ぞろいしてくれるんだm(__)m

    今日で終わり

  • 2016-12-22 16:25    蘭の病気
  • 大学病院での診察は今日で終わり。

    エコーでリンパの腫れがなかったとのこと。
    大きく切除したほうはちゃんと筋肉も回復していきているとのこと。
    縫合部分の皮膚の固い所は徐々に柔らかくなってくるとのこと。
    糸が飛び出してきたらかかりつけの先生に診てもらってとのこと。
    ・・・??糸?
    (皮膚の下は半年かけて溶ける糸で縫合していてそれがたまに突き出てくることがあるらしい。)
    あとはかかりつけの先生のところに定期検診に行くように。
    最初は1か月、異常がなければその間隔をあけてもいいとのこと。
    今回の部分の再発はまずないと思うけど、多発が疑われるのでもし見つけたらすぐ受診するようにとのこと。
    先生に「お世話になりました。」と言うと、
    「蘭ちゃんよく頑張ったね」と言って送り出してくれた。
    20161222_125603.jpg

    よくがんばりました、らんこさん。

    20161222_142412.jpg

    できることなら、この病院へは今日がホントの最後になって欲しい。

    いただきもの。

  • 2016-12-17 21:18    蘭の病気

  • 20161216_030.jpg
    こどもたち、段ボール届いた途端、嗅ぎまくり。「お、よそんチの犬のにおいするぞ」って感じかな(笑)
    さてさて、この箱の中身は・・・。リコさんが、蘭の為に療養食を作って送ってくれた。
    1食ずつパウチしてあるぅ~~感激!!
    何とシリコンスチーマーまで!
    至れり尽くせりです。

    蘭も気になって気になって♪(/・ω・)/ ♪
    20161216_005.jpg

    言うまでもなく平らげた、らんこさん。

    ここんとこ、ネットで「がん」「手作り食」で検索して調べている。
    手作り食でガンにならない体づくりができるみたい。
    そう、蘭はこのあいだの手術でガンを退治したんだから、これからガンが多発しない体を作ればいいんだ。
    もう少し勉強せねば。

    抜糸【※見ても大丈夫な人のみどうぞ:パスワード987】

  • 2016-12-09 23:47    蘭の病気
  • この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
    パスワード入力
    ブロとも申請

    通院

  • 2016-12-05 15:29    蘭の病気
  • 今日も病院。待合ではそわそわ。
    病院のスタッフの方すべてに過剰反応。

    IMG_20161205_124802.jpg

    IMG_20161205_125001.jpg

    さて、縫合箇所を診てもらって、もうテーピングなしでもいいよと言われた。
    で、でも、うちには暴れん坊のこどもたちがいるので、こどもたちが何かしでかさないかと心配なので軽めにテーピングしてもらった。
    検査の結果が出たとのことで説明を受けた。
    肥満細胞腫のグレードは2つともⅡだった。
    手術直前に見つけた小さい腫瘍は良性だった。
    今後の治療について、グレード2で手術できちんと取り切れている状態で7~9割完治するということを踏まえて、先生の経験値から抗がん剤治療はなくていいと思うとのことだった。
    腫瘍が2つあったのでやはり多発には気を付けないといけないとのこと。
    今回はガン克服できそうかな~と期待しています。

    蘭の体

  • 2016-12-04 09:07    蘭の病気
  • 今は後ろ両脚にテーピングされている。
    右は普通の縫合だけなのでテーピング少なめ、でもこんな感じ。
    20161204_006.jpg

    左は膝のあたりで縫合箇所があるのでテーピングもガッシリ。ギブスのよう。
    20161204_004.jpg


    20161204_005.jpg

    体半分剃ってるので、しばらく服必須。
    しっぽのあたりまで覆える長めの服を速攻作った。

    20161204_012_1.jpg

    退院

  • 2016-12-03 21:12    蘭の病気
  • 縫合箇所が順調に回復しているので退院許可が出た。
    見せてもらったが、意外と綺麗だった。というか上手く形成してもらったんだね。
    先生がとてもいい状態だと言ってた。

    あと月曜日に診てもらったら、抜糸までかかりつけの先生に診てもらっていいとのこと。

    抜糸っていつだろう。

    IMG_20161202_134349.jpg

    しばらく病院を見ていた。
    「二度とくるもんか!」なんて思ってたかもね。

    立ってる!歩いてる!

  • 2016-12-01 23:19    蘭の病気
  • 面会に行くと、先生がリードを持って歩いて連れてきてくれた。
    「少し散歩に行きましょう」と中庭に連れて行ってくれた。

    IMG_20161130_163256.jpg

    前日、「面会に来てもいいですか?」と聞くと『ぜひ来てあげてください』
    担当の先生、優しい方です。
    言葉のチョイスで分かるわ。
    "いいですよ"って言われるよりいいよね。
    我が家は獣医さんには恵まれてます。

    ④手術後

  • 2016-12-01 22:40    蘭の病気
  • 14時頃、病院より電話があり、遅れていて16時から始めるとのことだった。
    大体2時間くらいと聞いていたので19時頃病院に行った。
    少し前に終わったばかりで麻酔が覚めたところなので
    手術の説明を受けた。
    画像で手術の様子を見せてもらった。
    大変な手術だったのは画像から分かった。
     手術は成功して腫瘍はきれいに切除できた
     皮膚形成の縫合箇所が大きいので順調にくっつくかどうか分からないので長引くかもしれない
     左脚はしばらく脚を引きずるかもしれない
    20161118_001_2.jpg
    ↑皮膚形成、先生がこんな図を描いてた。

    その後面会した蘭を見たらもう痛々しくて。
    ウーウーと、か細く何かを発したそうにしていたのが余計に辛かった。
    がんばったよ、いい子いい子!くらいしか言えなかった。
    帰りの車の中で色々考えた。

    ③手術まで

  • 2016-12-01 19:35    蘭の病気
  • 11/28、手術前日、ちょうどシャンプーの予約をしていた。しばらくシャンプーできなくなるのでいいタイミングだった。
    トリマーさんに検査結果を話したら、「え~~悪性・・・」ってすごくビックリしていた。指摘してくれたおかげで早期治療できました。

    11/29、AM9:30 蘭を連れて病院へ。車の中でずっと私の膝の上で外の様子をうかがっていた。
    そんな行動一つでも切なくなってきて・・・
    今はこんなに元気で私の膝の上にどっしり座ってるのに・・・
    手術をしたらそのままこの元気さがなくなる気がして。

    着くとすぐに手術前の検査とかがあるので看護師さんに抱かれて行ってしまった。
    あれ、もしかしてこのまま手術終わるまでお別れ?とさみしくなった。

    しばらく待っていると呼ばれ、先生からの手術等の説明。
    肩のリンパは大きくも小さくもなっていないけど、なぜ腫れていたか原因は分からないが、今回は様子見でいいのではないかとのこと。
    左脚は完治まで3~4週間、皮膚形成が大きいこと&場所が脚なので動いて傷口が開くことがあるので長引く場合もあるとのこと。
    右脚は腫瘍をとって縫合するだけで済むから大丈夫とのこと。
    入院は様子見で数日になるかもしれないとのこと。
    私から、他にもないか全身見て欲しいとお願いしたら、あれば判断して切除しますとのこと。

    先生の話が終わったころ、看護師さんが蘭を連れてきてくれた。
    すでに患部の毛は剃られていて、腕には点滴針がテーピングされていた。
    右脚の剃ったところを見たら、すぐ近くにまた小さい膨らみを発見。多分これもそうかも・・・ということでこれも切除してもらうことに。

    看護師さんに抱かれたらんこさんはしらっとすまし顔だったけど、こっちは涙モノだったわよ。

    「蘭ちゃんはホントお利口さんだね」って看護師さんに言ってもらった。
    そう!らんこさん、先生&看護師さんウケはすごくいい。必ず「いい子」だって言ってくれる。
    どんな処置も逃げず暴れず声出さずにやらせてくれるんだって。
    偉いよ♥らんこさん。

    手術は14時頃開始で17時頃終了予定で、一旦帰宅してもらうか時間を潰してもらうかとのことだったので、一旦帰って手術が終わった連絡を受けて病院に行くことにした。

    ②大学病院へ行く

  • 2016-12-01 16:55    蘭の病気
  • 11/24 大阪府立大獣医臨床センターへ。
    完全予約(獣医の紹介が必要)なのですぐ呼んでもらえて、カルテ作りのための質問を受けた。
    すぐにエコーとレントゲンと血液検査で1時間。

    先生の話、私の記憶違いがあるかもしれないけど・・・

    検査の結果をレントゲンとエコーの画像を見せてもらう。
    レントゲンを見ると骨には異常ない。
    エコーでリンパの腫れがないかを見ても異常がない。
    血液検査もコレステロールの数値が高いくらい。
    右肩のリンパの腫れは多分小さくなっているんじゃないか?正常範囲内なので今のところ?(クエスチョン)です・・・と言われた。
    左脚の肥満細胞腫はやはり切除が必要で、悪性の腫瘍は半径3mc程度切除が必要なので皮膚形成が必要だということ(直径8~9cm位の円を描いていた。)
    肥満細胞腫は単一・多発等あり、グレードが3段階で70%はグレード2、残りが1と3なのだそう。
    グレードは切除した患部を検査しないと分からないらしい。
    現段階では検査の結果で単一と見て、切除で70%完治できるので完治を目指しましょう・・・と話がまとまった直後、先生が右脚にもしこりを発見。
    早速、注射針で取って調べてくれることになり一旦待合へ。
    15分程で診察室に呼ばれると、先生はうなだれて「肥満細胞腫でした・・・1つと2つでは話が違ってくる。」という事で、2つとも切除しても今後再発・転移・多発するかもしれないと説明を受けた。
    とりあえず、今ある腫瘍は切除したほうがいいとのことだったので手術してもらうことにした。
    右肩のリンパの腫れは手術当日に腫れ具合が変わっていたらその日に決めることになった。

    担当先生の手術は火曜日で、「来週空いてます」と言われたので早くしたほうがいいと思って29日にお願いた。